骨盤が後ろに傾いていると、両膝が伸ばしにくいので少し曲がった状態になります。踵重心になり後ろに転びそうな姿勢になるので、バランスを保つために上半身は猫背になります。猫背を気にして姿勢を正そうとすると、腰を反らしてしまい肩や腰に負担がかかってしまいます。

見た目の影響だけではなくて、歩く時にも影響が出やすくなりO脚になったりして膝に負担がかかってしまいます。骨盤の傾きが崩れる原因は、周りの筋肉のバランスによるものです。骨盤は大きく分けると、お腹と背中と太ももの前面と臀部の筋肉から支えられています。

このため良く使う筋肉とあまり使っていない筋肉のアンバランスが出てきてしまうので、それが原因になります。バランスとして骨盤を後ろに傾ける筋肉が強く、骨盤を前に維持する筋肉が弱まっているためです。骨盤が後傾する状態が続くと、次第に太ももの裏側の筋肉とお尻の筋肉が短く縮こまってしまいます。

運動する機会が少ないので、前屈みの姿勢を続けていると姿勢を支える背筋が弱まります。正しい位置に引き上げる事が出来なくなり、後傾を助長させてしまいます。このため、日常に過剰に腰の動きの動作を繰り返していると、骨盤が上手く前に倒れないので腰周りの筋肉が疲れて負担がかかってしまいます。

スタイルプラス骨盤スパッツを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です