食べる…。

これは誰もが至福の時を味わえる時間であると同時に生存のためには必要な行為である。 この食事のシーンを描く漫画、アニメは数多い。 まずは、鳥山明のドラゴンボール。 ドラゴンボールにおいては悟空たちサイヤ人は通常では考えられない膨大な量を平らげて行く。 そこに悟飯やベジータが加われば制御不能だ。 一体、悟空、悟飯、悟天の食事を毎日用意するチチとその家計はどうなっているのかと疑問に思うがあの現実にはありえない豪快な食べっぷりを見てお腹が何度もすいたことがある。 その演出は尾田栄一郎のワンピースに受け継がれていると思われる。 また、中華一番という作品があった。 中華料理の頂点を極めて主人公リュウ・マオシンが修行をし、ライバルたちと競い合う料理漫画。 この演出がまた凄い。 料理の鍋を開けた瞬間、閃光が放たれる。 そして、料理を口に運ぶときの演出がありえない演出で笑 その料理がどれだけ美味(びみ)なのかを派手に演出してる。 その中で、食事シーンということで外すことができないのがシブリ作品だ。

ビエリデントアクアに申込む

コメントは受け付けていません。.